忍者ブログ

主にウディタを使ってのゲーム製作についてのブログです  ※更新は不定期

指定フレームで値を指定値まで変化させる処理
今回は指定したフレームで値を指定した値まで変化させるときの
現フレームの値を求める処理について書きます。

さっそくですが計算式書きます。
『新しい現在の値 = (相対値 * 現在の経過フレーム数) / 処理フレーム + 初回値』

上記の式で求めることができます。

たとえば

X座標20のオブジェクトAを60フレームかけて
X座標100まで移動したい。
このときの24フレーム経過後のオブジェクトAの
X座標は?
   
これを求めるとした場合

「24フレーム後のX座標 = ((100-20) * 24) / 60 + 20」

という風な式になります。

最初X座標が20なので
初回値には「20」を割り当てています。

X座標が20→100と変化させたいので
相対値には「80」を割り当てています。
もし100→20と移動させたい場合は相対値を「-80」にします。



これでなぜ座標が求まるかというと
経過フレームと処理フレームの割合をもとに算出されているからです。

「経過F/処理F」によって割合が求まります。
この割合と最大値を掛け算することによって
割合に応じた値が算出されます。

分かりやすく例えると

「6*(1/2) = 3」
これは6*1/2、つまり6の半分の値が求まります。
この「1/2」が割合に相当します。

これがもし「2/2」だった場合、1になり
「6*1 = 6」
最大数の6が求まるわけです。

この計算を処理に応用した式が
『新しい現在の値 = (相対値 * 現在の経過フレーム数) / 処理フレーム + 初回値』
というわけです。






拍手

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 管理人のみ閲覧
 
  • 無題
  • from: たかねぇ
なんかめっちゃ難しそう!Σ( ̄□ ̄;)
WoditorOptimizer - Ver2.0.1
┗最新版公開日 : 2017/08/31

WoditorOptimizer - Ver1.00 -
┗旧バージョン : 2015/04/18

WECDeletor - Ver1.01 -
┗最新版公開日 : 2012/11/03
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
HN:
K-Shin07
性別:
男性
趣味:
ゲーム製作
自己紹介:
趣味でゲームを作っています
プログラマーです

開発ツール・使用言語等
WOLF RPG エディター
・HSP
・C
・VB
・Java
・C++
・C++/CLI
・C#
・アセンブラ
・Haskell

・PHP
・Ruby

・WPF

・DirectX( 9.0c )
・PhysX( 3.X系 )

Mail
 k07.alpha.stella[あっとマーク]gmail.com
[02/26 たかねぇ]
[02/24 たかねぇ]
[06/07 たかねぇ]
[04/23 たかねぇ]
Copyright ©  -- α-Stella[R]_ブログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri  /  Material by 妙の宴  /  Background by K-Shin07  /  powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]